ヒアルロン酸とアミノ酸を一緒に摂ると、より効果的であると考えられます。どちらもお肌の潤いに欠かせない成分だからです。


お肌の保湿成分としては、ヒアルロン酸、セラミド、乳酸菌由来成分などが有名です。その他に、お肌の角質層にある天然保湿因子(NMF)と呼ばれるものも、肌の保湿には大変重要な働きをしています。

この天然保湿因子の成分の中心がアミノ酸で、全体の4割を占めています。アミノ酸以外の構成成分は、尿素、乳酸、クエン酸塩、ミネラルなどです。

ヒアルロン酸だけ補給しても、アミノ酸が不足していると、肌の保湿力は衰えてしまい、お肌のトラブルが起きてしまうでしょう。

アミノ酸の中には11種類の体内で合成できるものがありますが、体内で合成できない9種類の必須アミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン、スレオニン、メチオニン、リジン、ヒスチジン、フェニルアラニン、トリプトファン)は外部から摂取しなければ不足してしまいます。

そのため、アミノ酸をヒアルロン酸と一緒に摂ることで、お肌の保湿効果がより得られるようになります