イソフラボンは健康面だけでなく美容面にも効果があると言われているため、イソフラボンを意識的に摂取している女性は多いと思います。


イソフラボンは「植物性エストロゲン」と呼ばれています。つまり、女性ホルモンに似た作用があると考えられています。そのため、イソフラボンの摂取で生理に影響の出る可能性はあります

イソフラボンを摂取すると、ホルモンバランスを整えることができると言われています。個人差はありますが、生理不順の改善や生理痛の軽減が期待できます。

ただし、イソフラボンの過剰摂取は避けるべきです。

イソフラボンを過剰摂取してしまうと、女性ホルモンが増え過ぎた状態になってしまい、生理不順を引き起こしたり悪化させたりする恐れがあります。

特にホルモンに感受性が高い状態(妊娠中、授乳中、乳がん、子宮の病気など)の女性は、イソフラボンの使用は避けてください。

ちなみに、食品安全委員会は2006年に、大豆イソフラボンの安全な一日摂取目安量の上限を70~75ミリグラムとしています。