イソフラボンは過剰摂取をしなければ副作用はないと考えられています。通常の食品に含まれている量を摂る場合は、おそらく安全であると見なされています。

【参考】国立健康・栄養研究所 「健康食品」の安全性・有効性情報

つまり、過剰摂取すると副作用の可能性があるということになります。


イソフラボンには女性ホルモンの一種であるエストロゲンと同様の作用がありますので、女性ホルモンの影響で発症する病気を増加させる恐れがあります。例えば、次のような病気です。

  • 乳がん
  • 子宮がん
  • 卵巣がん
  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫

閉経前の女性の場合には、月経の周期が不安定になったりする可能性もあります。

妊娠中・授乳中の安全性については十分なデータが無いため、イソフラボンの使用は避けた方が良いでしょう。

イソフラボンのサプリメントによる過剰摂取には気を付けましょう。決められた摂取量を必ず守るようにしましょう。