イソフラボンには、「グリコシド型」と「アグリコン型」の2種類の分け方があります。

グリコシド型

グリコシド型イソフラボンは、アグリコン型イソフラボンと糖が結合した「配糖体」という構造になったものを言います。

グリコシド型は大豆や大豆食品に多く含まれています。吸収されにくい特徴があります。

グリコシド型イソフラボンを摂取すると、腸の中でアグリコン型になり、腸管から吸収されます。

アグリコン型

アグリコン型イソフラボンは、糖と分離した状態のもので、「非配糖体」と言われます。

アグリコン型は味噌、醤油、納豆など伝統的な大豆発酵食品に含まれています。そのため、アグリコン型のイソフラボンを直接たくさん摂ることは難しいかもしれません。

糖と分離しているため、アグリコン型イソフラボンは吸収が良いとされています。そのため、サプリメントなどで摂取する場合は、アグリコン型のイソフラボンを選ぶ方が効果的と考えられます

アグリコン イソフラボン 関連商品