ポリフェノールとは、光合成によって作られる植物の色素や苦味の成分の総称です。
種類は5,000以上あると言われています。

つまり、ポリフェノールはほとんどの植物に含まれています。
その中でも人の体に効果があると言われているポリフェノールを多く含む食品をいくつかご紹介しましょう。

ブルーベリー、カシス

アントシアニンが多く含まれています。
アントシアニンには、目の疲れの予防視力の改善メタボリックシンドロームの予防動脈硬化の抑制などの効果があると考えられています。

ぶどう

皮や種にレスベラトロール、アントシアニン、タンニンなどが含まれています。
レスベラトロールには、シミ、シワ、くすみ、たるみなど肌トラブルの予防に効果があると考えられています。

りんご

りんごポリフェノールがたくさん含まれています。
りんごポリフェノールには、消化吸収を抑える働きコレステロールの蓄積を抑える働き美白効果もあると言われています。

いちご、ざくろ

エグラ酸が含まれています。
エグラ酸は、ベリー類やナッツ類にも含まれています
エグラ酸には、老化防止抗菌抗ウイルス美白効果があると考えられています。

大豆

イソフラボンが多く含まれています。
大豆イソフラボンには女性ホルモンと良く似た働きがあり、更年期障害の軽減などに役立つとされています。

玉ねぎ

特に皮の部分にケルセチンが多く含まれています。
ケルセチンには、血流の改善関節炎の炎症や痛みの抑制などの効果があるとされています。

緑茶

カテキンが多く含まれています。
カテキンには、血中コレステロールの増加を抑える作用があり、動脈硬化や心筋梗塞の予防効果が期待されています。
また、優れた殺菌効果があると言われています。

そば

ルチンが多く含まれています。
ルチンには、血管強化作用や抗酸化作用があり、生活習慣病の予防に効果的と考えられています。

秋ウコン

クルクミンが多く含まれています。
クルクミンには、肝機能を高める効果コレステロール値を下げる効果が期待されています。