更年期症状の緩和やバストアップに効果が期待できると言われているプエラリアですが、容量用法は必ず守って摂るようにしましょう。

プエラリアには強い女性ホルモンに似た物質が含まれていますので、過剰に摂取すると、肌荒れ、生理不順、下痢、便秘といった副作用を引き起こす可能性があります


また、妊娠中、授乳中は摂らないようにしてください

妊娠中、授乳中の時期は女性ホルモンの分泌が活発になっていますので、プエラリアを摂る必要はありません。

もしも、妊娠中、授乳中の時期に摂ってしまうと、女性ホルモンが過剰に分泌して、ホルモンバランスが崩れてしまい、婦人科系の症状など何らかの副作用が現われる可能性があります

女性ホルモンの分泌が過剰になると、乳がんや子宮がんなどの女性特有の病気を発症させる原因にもなりかねません。

女性ホルモンの分泌が活発になっている妊娠中、授乳中は、プエラリアを摂らないようにしましょう。どうしても摂りたい場合は、担当医に必ず相談してください。