水を買おうと思った場合、価格の高い水の方が体に良いようなイメージがあるかもしれません。しかし、高いからといって、必ずしも体に良いとは限りません。水は価格で選ばない方が良いでしょう。


価格よりも、どこの原産の水を使っていて、どのような方法で製造されているのかをチェックしてみてください。

また、水をどのような目的で飲むのかを考えて、買う水を決めた方が良いでしょう。お店にはいろいろな種類の水が売られていますが、ご自分の目的や体質に合ったものを選ぶようにしましょう。

目安としては、例えばこのような感じです。

  • 便秘を解消したい・・・硬水
  • 血圧を下げたい・・・海洋深層水
  • 血糖値を下げたい・・・バナジウム水
  • 体の老化が気になる・・・水素水

また、毎日飲み続けるのであれば、できるだけ安い水を選んだ方が良いかもしれません。