便秘には様々な症状や原因がありますので、原因に応じて対策しなければ便秘は解消しません。


便秘の原因として、次のようなことが考えられます。

  • 消化管の障害(病気)
  • 食物繊維の不足(食生活の乱れ)
  • 水分不足
  • ストレス
  • 運動不足(生活習慣の乱れ)
  • 腸内環境の悪化

このように、水分不足も便秘の原因になると言われています。

体内の水分が不十分な場合、体は水分を外へ出さないように調整します。すると、便の水分が少なくなり、便が硬くなってしまうため、排便しにくくなってしまうのです。

そこで、水分不足にならないように心掛ける必要があるのですが、その前に、水分が不足してしまう原因も考えなければなりません。

体が水分不足になる原因は主に次のとおりです。

  • のどが渇かないので水分を摂らない
  • ダイエットをしていて食事中の水分量が減っている

日本人の場合、水分不足による便秘は多いと言われていますので、意識的に、定期的に、水分補給をするようにしましょう

便秘になった場合は、まず水分不足を疑い、積極的に水を飲むようにしてください。便を軟らかくすることができ、便秘を解消できるかもしれません。

意識的に定期的に水分補給する方法のおすすめは、起床後すぐにコップ一杯程度の水を飲むことです。就寝中には大量の汗をかいていますので、体は意外と水分を失っているものです。

寝起きに水を飲むことで、胃腸が刺激されて、便意を感じやすくなるということもあります。